前へ
次へ

不動産を賃貸するときには

不動産を借りる時、つまりは賃貸しようとするということに関してなのですが基本的には毎月の支払いというものになるわけで、貸す側としても色々と確認しなければならないことというのがあるわけです。
ただし借りようとしている人が必ずしも支払いをしなければならないというわけではなく、本人に収入がなくても他の人が確実に払ってくれるということがあるのであれば問題なく貸すこともあります。
例えば大学生などが上京した時に部屋を借りようとするということがあるわけですが当然その人に支払い能力がないこともあるわけで、その場合は親が、ということになります。
誰が住むものであるのか、ということになりますが、それとはまた別に契約者自体が違うということも割と良くある話なわけです。
不動産の賃貸というのは貸す側としても安定している人に貸したいと考えるわけですが、それが住む人と契約する人が同じである必要性というのは必ずしもないわけです。

Page Top