前へ
次へ

賃貸の不動産の審査基準と勤めた年数

賃貸の不動産物件の契約をするのは、少し待つ方が良い事もあります。
その理由は年数です。
賃貸の不動産物件には、たいてい入居審査があります。
審査基準も複数ありますが、その1つは勤続年数です。
そもそもクレジットカードを作る時にも、審査はあるでしょう。
カード会社に提出する申込書には、勤続年数も記入する事になります。
記入する以上は、それも審査で確認される訳です。
なぜ勤続年数が確認されるかというと、支払い能力です。
不動産会社としては、家賃の滞納を心配している傾向があります。
万が一滞納になると困りますし、収入が安定しているかどうかを確認する訳です。
勤続年数が長い人物の場合は、収入も安定していると見込まれますから、審査に通りやすくなる傾向があります。
逆に、入社して数ヶ月ぐらい経過していない人物の場合、審査で落とされる確率は高まります。
ですから入社直後に賃貸を契約するというより、1年ぐらい待ってみる方が良い事もあります。

Page Top